The 61st Annual Spring Meeting of the Japanese Society of Clinical Cytology

第61回日本臨床細胞学会総会春期大会

会期
2020年6月5日(金)〜7日(日)
会場
パシフィコ横浜

会長挨拶

細胞診のノブレス・オブリージュ
~私たちの目指すもの~

Photo

第61回日本臨床細胞学会総会(春期大会)
会長 佐藤 之俊
(北里大学医学部呼吸器外科学 主任教授)

この度、第61回日本臨床細胞学会総会(春期大会)を2020年6月5、6、7日(金、土、日)の3日間にわたってパシフィコ横浜で開催させていただきます。北里大学がお世話させていただくのは2003年の第44回春期大会(会長 蔵本 博行 北里大学名誉教授)以来で、大変光栄なことと存じます。本学関連や神奈川臨床細胞学会はじめ多くの皆様のご支援ご協力を頂き、ご参加される方々には有意義な学術集会となるよう準備を進めてまいります。

さて、今回のテーマは「細胞診のノブレス・オブリージュ~私たちの目指すもの~」にいたしました。
私が高校生時代に出会ったフランス語のnoblesse oblige(ノブレス・オブリージュ)のインパクトが強く、以来心に残っている言葉です。ノブレス・オブリージュとは、一般に「貴族は財産、権力、社会的地位の保持に義務が伴うこと」を指すようですが、これを細胞診に転じて、「細胞診に係る者は、高潔な義務と責任を負っており、真摯にこれを探求する」という思いを込めました。私たちの従事する細胞診は、疾患の早期発見のみならず、診療方針や予後に深く関連しており、精度管理と診断・報告には常に高い信頼性と重い責任が求められています。今回の学術集会では、このような観点から、精度管理と技術に重点を置いた企画、領域横断型の企画、ゲノム時代の細胞診のあり方などを取り上げ、議論を展開させることができるような場を目指しております。

2020年6月は東京オリンピック直前の時期です。きっとその熱気が日本中に広がっていることと思います。こうした中、プログラム委員会とコアプログラム委員会が練り上げた企画は、記録と記憶が残るような内容として神奈川から広く発信されると自負しております。全国から多くの会員の皆様のご発表、ご参加を心からお待ち申し上げます。

Return Top